【メルボルン日本人バリスタ留学】バリスタ資格が不要な3つのワケ

バリスタ留学 メルボルン

世界有数のカフェの街として知られる『メルボルン』。これからバリスタ留学を考えている方や、ワーキングホリデーで海外に来てからバリスタを目指したいと思い始めた方にまず読んでもらいたい記事です!

 

衝撃的ですが、最初に一番大切な事をお伝えしておきましょう…。

みそスープ

カフェの仕事に就くために「バリスタの資格」を取ろう考えていたら、絶対にそれはNO!

 

実は、その資格こそが逆に仕事を見つけづらくしてしまう理由なのです。

それでは理由を解説していきます!

 

この記事で分かる内容

・バリスタの資格を取ることが残念すぎる理由

・バリスタの資格内容も念のため教えて!

・最強日本人バリスタのスクールの内容をこっそり

「バリスタの資格」とは?

バリスタになる為に資格っているの?
あっても無くても、実力勝負だよ!

美容師や医師に国家資格が必要なのとは違い、バリスタになるための正式な資格というものは実はこの世に存在しません!ですが、基礎的な知識を専門機関で学んだという「証明証(Certificate)」を取得することは可能です。

いち早くローカルカフェで働くための賢い選択は、証明証を取得しない事が正解ですが、今回は知らない人のためにも全て説明します!(学校・施設名をクリックするとバリスタコースの詳細に飛べるようになっています)

①語学学校に併設されている”バリスタコース”(数週間)

いずれも中級レベル以上の英語力がなければコース自体を受講できません。英語が全く話せない人は、まず一般英語コースを数週間受けましょう。語学学校のバリスタコースは「留学エージェント」を通して学校の申し込みが可能なため、日本に居るうちに計画出来るメリットがあります。その際、授業料の送金は日本円でも可能です。

インパクト イングリッシュ カレッジ(CBD)

●メルボルンで最も有名なマンモス語学学校
●日本人スタッフも在中しているのでサポートも安心して受けられるのが売りのひとつ
●授業は5週間、午後のみ開講(1:20pm~5:45pm)
●インターン付き、学校併設のカフェで職業体験も可能(自分でカレンダーの空いているシフトに名前を埋めていく形式)
●授業料:週$370(入学手数料は含まない)

イヌス オーストラリアエデュケーション&トレーニング(CBD)

●インターン付き、履歴書添削のサポート有り
●授業は5週間、最大6名までの少人数授業
●授業料:$2,400(入学手数料は含まない)

②資格取得のトレーニング施設(半日/1日)

短期間で証明書を手に入れることができるのがメリット。英語で開講されていますが、英語力は特に指定されていないため受けようと思えば受講が可能です。個人で申し込みする必要があり、基本的にクレジットカードを持っていないと決済出来ないと思って下さい。

オーストラリアン バリスタ アカデミー(West Melbourne)

●有名なスペシャルティコーヒー焙煎会社の「5センシズ」が開講しているコース
●基礎コースは、エスプレッソ、ミルク、ガイドプラクティス、ホームバリスタの4種類
●授業は3時間、料金は全て$165(複数のコースを同時申込で10%オフ)

コーヒースクール(CBD)

●生徒一人に対しコーヒーマシン1台ずつ
●コース終了時には衛生管理の証明書も一緒に渡される
●開講日は毎週火曜・土曜の10:30am~4pm
●授業は5時間、料金は$169

MEMO

①授業は英語で行われるので、来たばかりだと100%理解できない可能性も

②政府公認か各学校の修了証明書か確認する必要がある

③スペシャルティコーヒーの豆を扱ってコースを行う場所がほとんどない

「バリスタの資格」が不要な3つの理由

せっかく資格を取ったとしても無駄になってしまうのが事実って本当??

そもそも、バリスタになるためにはドッググルーマーや秘書のような国家資格、検定等を持っている必要は決してありません「バリスタの資格がないと仕事が出来ない」と噂を聞いたことがありますが、嘘なので安心してくださいね!では、実際に長年ローカルカフェで働く日本人バリスタや、カフェの経営者、マネージャーから聞いた実情を暴露します!

①経験が全くないことを証明しているのと同じだから

証明書の取得は3時間のコースから、最長でも5週間のコースを受講することで得られると説明しましたね。では、皆さんがカフェの採用担当者の立場だったとしたら、その“証明書”を持ってきた人に対してどう感じるでしょうか。証明書だけを持った人が現れた場合は、優遇されない事がお分かり頂けましたか?

②カフェ現場の経験者が10倍優遇されるから

メルボルンのカフェは非常に多種多様でユニークです。カフェによって使用している豆が違う、マシンが違う、コーヒーの淹れ方、レシピなどバリスタが気をつけなければいけない点は山ほどあります。全くの未経験者よりも、1つのカフェでも働いた経験がある人は戦力になります。残念ながら、学校やトレーニング施設のコースだけでは、十分に経験があるとは認められないのです。

③経験のある日本人バリスタから日本語のレクチャーが受けられるから

初めて海外に出るから英語が不安、という方は多いと感じます。せっかくだから英語で授業を受けたい!と思っても、いざ始まると全く頭に入ってこずに後悔している人の話を残念ながら聞くこともありました。メルボルンには既に実力のある経験者たちが講師として活躍しています。あなたのバリスタライフを応援してくれるのは、日本語で教えてくれる安心の日本人バリスタではないでしょうか。

メルボルンで有名な日本人のバリスタ講師3名を紹介

【バリスタ】下山修正氏



プロフィール

大学卒業後から9年間ドトールコーヒー株式会社に勤務。海外の大会で出会った若いアジア人に影響をうけ、ワーホリでメルボルンにくることを決意。メルボルンでは到着して3日後には仕事が見つかり”Olie & aRi”というお店でバリスタとして働く。その後、オーナーからスポンサーシップを受け、2013年10月に取得。プロデュース1号店”superrandom”を2014年5月にメルボルンにオープン。2015年4月2号店オープン。2012年からはラテアートの世界大会に出場。その確かな腕前で世界を驚愕させ続け、日本人で唯一連続入賞を果たしている。2016年のアナハイム大会では見事優勝。【ラテアート世界チャンピオン】に輝いた。

https://www.cne1jp.com/staff/shimoyama/より抜粋)
トレーニング内容

「メルボルンで0から始めるバリスタコース」
本スクールは、カフェの聖地と呼ばれるここメルボルンを中心にオーストラリアでバリスタとして働くことを目標としています。
バリスタ未経験の方はもちろん、現地のバリスタスクールを卒業後も仕事が見つかっていない方、日本では経験があるがオーストラリアのスタイルを知らない方などにレッスンをしています。
興味がある方は、+nobu ページにメッセージをお願い致します。

クラス詳細

住所:416 New Street Brighton
申し込みは Facebookページ

【バリスタ/ラテアート】深山晋作氏


プロフィール

「侍 Shin」
海外で自分のカフェを持つという夢を叶えるために、2013年単身メルボルンへ移住。バリスタ未経験、また英語も満足に話せない状況から、キャリア2年でWorld Latte Art Championships Coffee Fest in USAで世界チャンピオンに、2016/2017年、2年連続でAustralian Latte Art Championships 2位。2018年激戦区のオーストラリア、Australian Latte Art Championshipsで勝ち抜き、日本人では初のオーストラリアチャンピオンとなった異質のバリスタ。ブラジルで催された世界で最も権威のある大会「World Coffee Event」では堂々の世界4位を獲得。

トレーニング内容

エスプレッソ
・エスプレッソのレシピとは?
・レシピの通りのエスプレッソの抽出
・ドースとボリュームのプログラミング
・ドースとグランドの調整
・エスプレッソのテイスティングと確認

ミルク
・ミルクのスチーミング – ミルクを一番いい状態にするには
・ミルクの分け方 – 1回で数杯作るための技術
・ミルクのポアリング – 注ぎ方の基本
・ベーシックラテアート

現場オペレーション
・実際カフェでどういう動きが適切か、オペレーションとクレンリネスのポイント

クラス詳細

住所:227 Clarendon St South Melbourne.
時間:75分
費用:$150/人
定員:3名
申し込みは 公式サイト
(全てsamuraishin.comより抜粋)

【バリスタ】永田碧氏

 

View this post on Instagram

 

▷焙煎 (最後まで読んでね) Coffee roasting It’s been almost 2 years since I touch a roaster and started to roast coffee 焙煎に関わるようになってから もうすぐかれこれ2年 まだまだ走り出しですが @foundercoffee @cartelroasters で 焙煎士として学んできた事や 経験をこれからに繋げていきたいです 毎週コンスタントに 焙煎させてもらってても まだまだほんとに 奥深いなぁと思うのです 知れば知るほど深みが出てきて 毎週チャレンジする想いです 近い将来、日本語での焙煎コースを 始めようかとヘッドロースターと 触りだけ話してるところです ヘッドロースターの @roastresscoops は どんな焙煎機でも どんな豆でも どんな環境下でも 手に取るように操れます 世界的に有名な SCAAの公式トレーナーでもある マスターロースターです 彼女とコラボで 日本語での焙煎トレーニング 実現できたらいいなと 密かに思ってます ビギナーから習えるコースにしたいね って言ってます もしちょっと興味があるとか 習ってみたいなって思う人いたら コメントしてもらえたら嬉しいです DMでも可なので みんなの反応がぜひ知りたいです P.S よく生徒さんや フォロワーさん 友達に 「いつ行ったらMiDORIに会えるの?」 と聞かれるので この場を借りて 火曜 焙煎 日曜 バリスタ で基本毎週働いております 日数少ないですが ご都合合わせの上 ご来店お待ちしております #焙煎トレーニング#日本語レッスン#焙煎#焙煎士#coffeeroasting#coffeeroaster

A post shared by South of Japan Coffee バリスタスクール (@southofjapancoffee) on

プロフィール

自身の世界観を広げる為、これまでに約30カ国を旅する。理想の生活を求め、情熱と共に2013年オーストラリアへ移住。コーヒー嫌いだったがカフェで働く事をきっかけにバリスタに夢中になる。2017年にはスペシャルティコーヒーのパイオニア、Cartel Coffee Roastersのオーナー、Nathan J. Jhonstonにスカウトされ焙煎士として働き始める。現在は焙煎の大御所、Anne Cooperの元で焙煎士として活躍中。旅でしか得られない経験を生かし、心のままに自由なライフスタイルを送っている。
Cartel Roasters 焙煎士
Founder Coffee.Co 焙煎士・バリスタ
10店舗以上の有名店でバリスタ経験の持ち主

トレーニング内容

焙煎士が教える個人珈琲スクール。
3種類のレッスンスタイルから選択可能
・自宅マンツーマン 自由度が高くしっかり個人的に習える
・カフェグループ 実際のカフェで行うので実践的
・マシン独り占め自主練 集中して反復練習が可能
・珈琲の基礎知識
・ミルクのスチーミング
・エスプレッソの抽出、味比べ、グラインダー調整
・ラテアート
・仕事探しのコツ
・ハンドドリップ、エアロプレス
・トライアル対策(プレッシャーテスト、シュミレーション)
・他、リクエストにお答えします!

こんな方に、
・バリスタを目指している方
・バリスタコースを受けたけど満足いかなかった方
・自宅で趣味としてコーヒーをおいしく淹れたい方
・すでにバリスタだけどスキルアップしたい方
・1日ラテアート体験、コーヒー作り体験をしたい方

クラス詳細

場所:Oak Parkの講師自宅
所要時間 (1クラス):2時間
料金 (1クラス):AU$150-$170(振込可)
申し込みは 公式サイト

 

【まとめ】バリスタ資格が不要なワケ

・証明書は経験不十分を見せつける材料

・現場での経験が何よりも大切

・日本人最強バリスタ講師を頼ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です